ガラススプレーボトルの洗い方

福島市にあるアロマスクール

ライブラ香りの学校福島校です。

こんにちは。

最近ご質問がとっても多い

「ガラスボトルの洗い方」をご紹介します。

ガラスボトルといっても、形状や内容物によって洗い方が少し変わりますが、

まずは基本のスプレーボトルを洗ってみようと思います。

「ルームスプレーをもう一度作ってみたい」という方は多いと思います。



家庭でできる範囲でご紹介しますので、まず、ノズルは完璧には洗えないのですが、、、

でも、本体のガラスの部分はかなり綺麗に洗えますので、ぜひ参考にしてみてください。

①まず、水道水で中をすすぎ、

食器用洗剤でよく洗います。除菌ジョイは強力なのでおすすめです。

ブラシやスポンジを使う場合は食器用と分けます。



水道水ですすいでみて、ボトル内から香りがする時は、もう一度、食器用洗剤で洗います。

精油はなかなか落ちにくいです。

②中をすすぎ、精油の香りがしないことを確認したら、泡が切れてからさらに少なくとも8回ほど水道水ですすぎます。

残存洗剤がないよう、しっかりすすぐという意味があります。8回というのはだいたいの目安です。



③精製水で2回ほどすすぎます。水道水に微量に溶けているミネラル分なども流れていくので、かなり完璧に綺麗です。



ルームスプレー用に使うなら、ここまで洗わなくても、、、と思いますが、一応、綺麗に洗いたい場合もあると思うのでご紹介しました~。

自分のところでは、用途に合わせてアルコール消毒やUV殺菌する時があり、

また、専門機関ではさらにその上の作業をする場合もありますが、

まず家庭でアロマテラピーを楽しむ範囲であれば、今、紹介したような感じで①~③の通りに洗えていればOKです。

さらにノズルですが、

どうしてもノズルはプラスチック製です。

プラスチックと精油の分子は構造的に似ているところがあるので、互いになじみやすく、

吸着してしまった精油は、洗剤を使ってもなかなか落ちません。

洗っても多少の香りが残ってしまいます。

なので、コスメづくりのような場合は、ノズルは使いまわししない方がよいと思います。

これは個人の判断にもよると思いますが、、、

ルームスプレー程度なら、気にしないで使いまわししする方は多いと思います。

ということで、ノズルの洗い方については、

ルームスプレー用に再利用することを前提とし、洗剤で洗ったり分解したりするのはあきらめたバージョンをご紹介します。

④まず、水道水で回りをすすぎます。



⑤ビーカーまたは代用できそうな容器に無水エタノールを少し入れて、スプレーを噴射させて、

チューブの中を無水エタノールで洗います。

無水エタノールは薬局さんで購入できます。(引火性があるので、火気厳禁です。)



精油は無水エタノールによく溶けますので、溶かして落とすといった感じです。

やらないよりは多少ノズル内がきれいになります。

(最後は、ノズルの中に無水エタノールが残らないように出し切りましょう。)

⑥乾かすときは、ザルなどにキッチンペーパーを敷いて、ボトルは逆さまにして、自然乾燥で大丈夫です。



当教室で皆さまに使っていただいているノズルは、国産で強度が高く、詰まりにくいため、

1回きりで捨てるのは忍びないので、

こんな感じで再利用できますのでご紹介しました。

個人的には、自宅で手作りのマスクスプレーを使ったり、

空間にスプレーを噴霧することが多いため、容器はとにかく捨てられません。

物は大切に使いたいです。

プラスチックボトルの洗い方や、オイルやクリーム容器のような油分の多いものの洗い方はまた近々ご紹介します。

それでは、またご質問がありましたらお気軽に聞いてください。